書評

GACKTの勝ち方

1. 今日の一言と紹介する本

誰もが知っている有名人といえば皆さんは誰になりますか?
様々な有名人がいる中で今日ご紹介するGACKTさんは間違いなくそんな人の1人でしょう。

アーティストとしてももちろんですが、マレーシアの豪邸に住みとんでもない金額を稼いでいると言う事は非常に有名な話です。
音楽だけでなくビジネスにも精通しており、帯に書いてある通り人生全てをマネタイズしている経営者でもあります。

ダサイと言う言葉が1番嫌いだと言うGACKTさん。

一体どんな生き方をしているのか、何を大事にしているのか、どのようにビジネスで結果を作っているのか。
本書を通して探っていきましょう。

2. 本のサマリー

GACKT初のビジネスとなる本書。
普通のビジネス書とは違い、横書きで写真などをふんだんに使い文章だけではなくビジュアルにも訴える構成になっているのが本書の特徴と言えます。
さらに通常ですと本の帯には著者の経歴などが書かれているものですがそれも一切ありません。GACKTを知っている人が手に取れば良いと言ういい意味で強気な姿勢が伺えます。

考え方、貫き方、生き方、徹底したストイックさを伝えている本書。
自叙伝のようにGACKTさんがどのようなことをしていたのかが書かれています。
特に印象が残るのはGACKTであるために誰にも真似できないほどの努力を積み重ねていると言うこと。

人生には、確固たる覚悟と姿勢が必要だ

と本書のラストに書かれていますが、まさにその言葉通りに生きていることが伝わってきます。
私が感じたポイントをお伝えしていきます。

3. ポイント3点

勝負から逃げる免罪符はいくらでもある。
そうしている間に人生の貴重な時間はどんどん過ぎていく。

できないには理由がある。だったらやれるところまでやれ。

僕にも、お前にもタイムリミットがある。

4. 岡崎の考察

誰にでも売れていない時代はあるものです。
あのGACKTにもそんな時代がありました。
ミュージシャンとして駆け出しの時いったい彼はどうしていたのか?
なんと道端でファンを募り、小額でいいから応援してほしいと50人のファングループを作ったと言うのです。

誰だって恥をかきたくないもの。

しかし結果を作るためには、どんな恥をかいても絶対にやり切ると言う姿勢が必要な時があるという事でしょう。
本書から読み取れたGACKT成功の秘訣は下記の3点ではないでしょうか。

①やるからには絶対に勝つ
喧嘩についてのエピソードがありますが、おそらく今だから言える武勇伝でしょう。相手が仕返ししたくなくなるまでとことんやったと言うからすごい。GACKT自身も鼻を骨折しており今でも曲がっているといいます。ビジネスにおいても勝つまでとことんやるという姿勢は変わらないようです。

②できるまでとことんやる
やるからには絶対勝つと言う姿勢にも関わりますが、たとえできないこともできるまでとことんやるという姿勢が窺われます。
いつも自分はどうしたいかではなく、GACKTならどうするかという考え方のようです。理想の自分なら今どうするかを選択するというのは結果を作るためにとても重要なことですね。

③いつもキツい方を選択する
僕は、死ぬ瞬間まで全力で無茶をしていたい。と言うGACKTさん。
できる範囲の事ではなく一見すると無茶なことに全力で挑戦していく姿勢が魅力を生んでいるのでしょう。

ラクは人をダメにすると言う言葉がありますが、迷ったらきつい方を選ぶ生き方のほうが面白いと思いました。

全体を通してとにかくストイック。正直GACKTまでできる自信は僕にはありません。(笑)
しかし心にムチ打つ厳しくも愛情のあるメッセージは読んでいてとても良い刺激になりました。

心に鞭を打ってほしいという方は、ぜひ読んでみて下さい♪

5. 気になるワード

漠然とした夢だとしてもその夢に向かって踏み出すのは、成功するための1歩。しかしその1歩目が難しい。
本当にできるんだろうか?
必要な人脈がまだ揃っていない。
どんな戦略なら勝てるのだろうか?
そんなことを模索しているうちに、時間が過ぎ、夢は少しずつ遠ざかっていく。
夢、なんて聞こえはいいが、所詮は自分の欲求。否定しているんではない。どんなことが夢であっても良いということ。
勝負から逃げる免罪符はいくらでもある。
そうしている間に人生の貴重な時間はどんどん過ぎていく。
もんもんとスタートを切らずにいる人間が、せいぜい積み重ねるスキルは勝負をしないための言い訳だけだ。
ビジネスにおいて、これだけ準備すれば成功する、という法則は無い。
もし、ある人は僕に対し代表作なんてないんじゃないの?
と言うなら、あー、ないかもなぁ(笑)でいい。
僕はそんな言葉を口にする彼らをそもそも相手にしていない。
音楽だけやってればいいのにと言う奴がいれば、音楽やってたらとっくに死んでるよと答える。
僕が一度決めたことを絶対に怠らず、あきらめず実現してみせ続けるのは、そんなファンのためだ。
金は何とか工面し、必要な知識はやりながら覚えればいい
ビジネスの場で、ファンを作ろう、と考える人がもっと増えれば、その職場や交渉の場での人間関係や仕事の結果はがらりと変わる。
予想は裏切れ。期待には大いに応えろ。
苦手だからやめるわけじゃない。
むしろ、どうせやらなきゃいけないものであれば、意味があるものに変えれば良い。
人生というゲームを攻略するために必要なことは全てやれ。
みんなが話しているから自分も話そう、などしなくていい。
協調性とは、主張できないものの免罪符に過ぎない。
希少価値を作る、飽きさせない。
焦らす、待たせる、期待させる。
GACKTやるって、マジで大変だけど。覚悟ある?
こうありたいと願う、僕が描くGACKTの背中を、僕自身が追いかけている。
勝負に必要なもの、それは覚悟。覚悟がないものが多すぎる。勝負を決めるカギとなるのは、それまでの立ち振る舞いと、完璧なタイミングでの強靭な覚悟を持ったハーフグラフ。
知覚動考、お前に1番足りないのはそれだろ?
すべての人間の行動は思考が支配している。思考が結果を生み出す。思考と言うのは、日々の生き方で9割が構築される。
何かを選択するときに、甘えはいらない。
毎日継続するということが、精神の軸になる。
嘘つきは信用できない。だから、自分に嘘をつかないためにも、一度決めたトレーニングは必ず毎日続ける。
少なくともビジネスにおいて、デブであることにメリットなどない。
歳をとると言う言葉を使う人は多い。僕は歳を重ねると言う。
この2つの言葉には別の意味合いがある。歳を重ねると言うのは、経験を積み上げ、責任を増やしていくと言う生き方。
できない、は無い。できるまでやるということが、やればできるという結果を生む。
己ができないことを何か、誰かのせいにして、許し合うなど傷の舐めあいでしかない。
できないには理由がある。だったらやれるところまでやれ。
お金、時間、仲間。レーダーチャートで考えると、この3つを点で打つ。その三角形が美しい三角形でかつ大きな面積にならなければ、
人生において成功とは呼べない。
ファミリーとは、自分のために、相手のために、恥を流せる関係。
カネあるやつは金を出せ。
カネないやつは知恵を出せ。
知恵がなければ元気出せ。
元気がなければ声を出せ。
赤ん坊見習ってみろ。
あの無条件な可愛さは、生きるために神様が与えてくれた能力。
ところが、成長の過程で忘れるものが多い。
人の土俵で勝負をするな
人脈ができる状態を作るのも自分次第
僕はいかなる事でも悩まないと決めている。
悩むという行為は停滞、もしくは後退の状況。
そのような状況からは1秒でも早く抜け出さなければならない。
ベストの選択と努力がなされていることが大前提。その上で、起こってしまった不測の事態は気にしないというのが僕のメンタルリセットだ。
どうやったら選択を間違えないようにできるのか?
それは、確固たる美学が自分にあるかどうか。
しんどい方を選び挑戦し、それが実現するまで死ぬほど努力をし尽くし、その上で失敗したのであれば、笑って言えばいい。
これ無理ゲーじゃないの!?(笑)そしてあきらめず再チャレンジ。
ネガティブなど、己の気持ち1つで全てポジティブにできる。
大丈夫、失敗を恐れるな。
お前はもう、どんなことでもポジティブにできる。
ネガティブな嫉妬は、相手に何かを求めすぎ。
過剰にお前の形を相手にはめようとしているだけ。
ただ金があるだけの忙しい生活ではなく、一見無駄かもしれない時間を受け入れる心の余裕がないとダメになると実感した。
やることがない、やりたいことがない、のではなく、それらを見つけ創る意識がそもそもない。
人生とは、今この一瞬の発想力、想像力、創造力の積み重ねである。
今、この瞬間に、ネガティブな言葉が出る人、ネガティブな発想が浮かぶ人、ネガティブな行動をとる人の人生はこれらのネガティブの積み重ねで形成された人生となる。
与えられたものですら形成されない人生と、自ら創造、想像で形成する人生。どちらを選ぶのもお前の自由だ。こいつ…ヤベェ!と思わせろ。
ポジティブ、ネガティブをプラス、マイナスで考えていない。
池の真ん中に石を投げた時に立つ波紋と同じ。つまりエネルギー。
その波がたった時、意図的にどんな情報を乗せるかが重要になる。
美学が存在しないものに、人は感動しない。
突き通せる美学がそこにあれば、失うものがあっても得られるものもまた絶対にある。
ダサイ。僕が1番嫌いな言葉だ。
いつの時代も、人を魅了するほんとにかっこ良い人は、清濁合わせ持った、そんな人間だ。
周りで成功しているものは多いが、成幸しているものは少ない。
人は平等じゃない。だが周りの人を笑顔で幸せにする才能は平等に与えられている。
才能を使うためには己の意志と行動力が必要だ
人生に迷ったときは、難しい方、困難な方を取れ。
僕にも、お前にもタイムリミットがある。
できるだけ早く貪欲に多くの知識と経験を手に入れろ。
そうすればその知識と経験は、誰にもばれることのないお前だけの財産となり、お前の人生を鮮やかに彩ってくれる。だからこそ忘れるな。
辛い時こそ笑え。
夢なき者に理想なし
理想なき者に計画なし
計画なき者に実行なし
実行なき者に成功なし
故に、夢なき者に成功なし
今日は今日のことだけ考えて全力で行く。
今日、本気で生きられない奴が、明日本気で生きられるか?
僕は、死ぬ瞬間まで全力で無茶をしていたい。

6. 商品の紹介