書評

無理なく限界を突破するための心理学 突破力

1. 今日の一言と紹介する本

皆さんはイエール大学の目標調査についてご存知でしょうか。
目標を紙に書き出すとどうなるか?
という問題を検証した調査のことで、イエール大学が自分の夢をメモした学生を20年にわたって追跡したところ、何もしなかった学生に比べて、なんと20倍もの資産を手に入れていたという話です。
あまりに有名な話ですが実はこの話、全くの嘘だと言うのです。
イエール大学に問い合わせてもそのような実験を行ったと言う事実が確認できないとのこと。
私が直接イエール大学に電話したわけではありませんから真偽のほどはわかりませんが、この話が書かれている本が本日紹介する本です。

『無理なく限界を突破するための心理学 突破力』メンタリストDAIGO

ご紹介していきましょう。

2. 本のサマリー

限界の正体は自分を知らないことだった!
自分の限界を越えたいが、どうやったら超えられるかがわからない。
そんな人も多いのではないでしょうか。
自分の思考の癖(バイアス)に気がつけば無理なく限界を突破できます。と書かれた本書。
心理学を学び続けているメンタリストDAIGOさんならではの視点で限界突破について書かれています。
ただ従来の自己啓発的な限界突破は存在しないというのがDAIGOさんの主張。
今の自分は本当の自分じゃない、もっとできるはずでは?というのは、ただの思い込みで、人間に備わったバイアスの罠にはまっているだけだと言うのです。

改めてバイアスとは、人間の脳に備わった思い込みや先入観のことを指します。
つまり本書では、自分のバイアスを認識し、バイアスを乗り越えてより確かな仮説を導き、仮説が正しいかどうか淡々と検証する方法を伝えています。
簡単に言えば、自分の頭の中の勝手な思い込みを突破する方法ということになるでしょう。
それでは私が感じたポイントをご紹介していきます。

3. ポイント3点

試す=本当の限界と偽の限界を見極めて効率よく前に進むこと

徹底した客観性を育てる

無知な人ほど自分が物知りだと思い込む

4. 岡崎の考察

ルビンの壺をご存知ですか?
向かいあった2人の女性の顔。しかしよく見てみるとその間にはツボの形が。女性の顔を見ていると壺は見えず、ツボを見ていると女性の顔は見えません。
どうやら人間の思考と言うものは、1度に複数のものの見方はさせてくれないようです。
「バイアス=思い込み」が人間の行動に限界を作っていると言う視点がとても面白い1冊。
確かに勝手な思い込みで、どうせ自分にはできないからと諦めたり、大きな勘違いで絶対できるはずだとリスクを取りすぎてしまったりすることがあります。
その勘違いによってチャンスを逃してしまったり、無駄にリスクを抱えてしまうこともあるでしょう。
ではどうしたらそういった思い込みを外せるのか?

知的謙遜をすることが解決策の一つです。

知的謙遜とは、自分が思っているほど自分は優秀ではないと謙虚に学ぶ姿勢でいることを知的謙遜といいます。
また、知的謙遜ができる人の方が好奇心が高く、他人の意見を尊重できる傾向にあるそうです。

あなたの勝手なバイアスを外すためには、
もしかしたら自分が間違ってるかもしれない、
もしかしたら私が知らないだけかもしれない、
と言う知的謙遜という姿勢で物事を考えてみてください。

その他にもバイアス(思い込み)を外すヒントがたくさんある1冊でした。
「限界=バイアス」をはずしたいと思う方はぜひ読んでみてください。

5. 気になるワード

人間は、ストレスで合理的な思考力を失う生き物です。
バイアスとは何か。
その定義は、人間の脳に備わった思い込みや先入観のこと
つまり私は、自分の殻さえ打ち破れば…と言うバイアスに囚われ、無駄なチャレンジを続けていたわけです。
限界さえ超えればうまくいくのは嘘
自己のアップデートにショートカットはなく、ひたすらイバラをかき分け続けるしかないのです。
この心理を受け入れた上で努力を積み重ねる道を探すのが、本当の自己啓発であるべき
限界を超えるのではなく、逆に自己の限界をしっかりと見極めつつ、限界とうまく付き合う道を探すのです。
限界について
①そもそも限界は突破できないし、する必要もない
②限界があることが問題ではない
③限界がないのは人の愚かさだけ
人の限界は外部要因でコロコロ変わる
今の世界ではハイスピードでルールが変わり続け、昨日の限界が今日の限界でなくなるケースは珍しくありません。これだけ外部の要因に左右される事態を予測するのはまず、不可能です。
真偽の判断ができずルールもコロコロ変わる限界に立ち向かう手段はただ1つ、それは試すことです。
限界突破=本当の限界と偽の限界を見極めないで闇雲に行動すること
試す=本当の限界と偽の限界を見極めて効率よく前に進むこと
何も信じず、そして何も疑わず、ただ試して確かめろ。
もし検証が失敗に終わっても、単にやめればいいだけです。自己啓発の甘い言葉には惑わされず、ただただ試し続けてください。
たちが悪いのは、検証が大事なんて当たり前だろうと口では言うものの、実際には今までと同じことを繰り返し、いつまでたっても何も始めないようなタイプ
95%の人は自分のことを理解していると考えていますが、実際の理解度は10から15%の間に過ぎない、私たちのアセスメント能力には欠陥があり、自分の能力や問題を正確に把握できない
人の心の奥底に巣食うバイアスが、あなたの行動を制限し、判断を狂わせ、知覚できない自信過剰の罠に追い込む
人類の脳には変化は恐ろしいものだと考えるプログラムが書き込まれた
by アインシュタイン
限りがないものは、宇宙と人間の愚かさの2つだけだ
人間が持つ特定の思考パターンを学ぶだけでも、あなたはより正しい判断を下せるようになります。
問題のサイズが大き過ぎてどう考えていいか分かりづらいため、大抵の人は自信過剰か自信不足のどちらかのバイアスにはまりやすくなります。
一旦問題を小さなブロックに分けていましょう。
問題を小分けにすれば、1つの問題について複数の視点が生まれます。その結果として合理脳が働き始め、自信過剰または自信不足の罠から逃れやすくなる
1つの論点について2回考えてみるだけでも、私たちの合理脳は動き出します。
明確なプランがあれば、やるべきタスクに手をつけやすくなるため、確実に遂行のモチベーションが上がります。
いつ、どこで、どのように、の3つをしっかりと決めておくこと。
他人にありがとうと言いたくなるような気持ちは、確実にあなたをバイアスから解き放つ力を持ちます。
感謝の気持ちを育む方法は様々ですが、最も効果的なのは紙に書き出すことです。
判断力を高めたければ判断力が高い人の隣に座れ
多くの人は日常的にストレスで判断力を狂わせています。
ストレスが大きい時は決断しない
◆代表的なバイアスの例
初対面で嫌われたかもと思いがち
SNSで他人を羨ましく感じる
自分の価値観で他人を決めつけがち
見た目で相手の性格を決めつける
気づかないうちに他人を見下す
ネガティブ思考になりがち
重要なことを後回しにする
今の状態を保ちたいと考えてしまう
ウケを狙った行動をとりがち
自分を平均よりも優れていると思う
年齢を理由に新しいことに取り組めない
ネットのレビュー数の多さで商品を選ぶ
金儲けは卑しいと思いがち
他人のミスや偶然の産物を好ましく思う
好奇心が高まりすぎて危険を犯す
相手に正直な気持ちをぶつけるのを恐れる
他人の親切をプレッシャーに感じる
周囲に感謝の気持ちを伝えるのが苦手
こうなることは分かっていたと思いがち
宗教やスピリチュアルにはまりがち
日常的に感謝の気持ちを忘れない人ほど幸福感が高く、健康的な暮らしを送りやすく、さらに貯金まで増えるとのデータまで存在します。
周囲に感謝の気持ちをきちんと伝えることのできる人は、それだけでも心理的な優位性が得られる
他人からの親切は喜んで受けた方が好感度は高まりやすい
現実の世界ではいくら正直に気持ちをぶつけようが人間関係はびくともせず、逆に相手と仲良くなれるようです。
大事なのは、自分の正直な感情や考えと矛盾しない発言を心がけること
お金は自由と豊かさへの手段に過ぎず、善でも悪でもありません。
人生の岐路でやるかやらないか迷ったら、とりあえず実行に移したほうが幸せになれる確率が高い。
マイナス思考な人ほど一度に1つのことにしか意識が向かず、目の前の危険を見逃す可能性が高い
本当に大事なのは、常に自分の頭で考えること
徹底した客観性を育てる
知的謙遜とは自分が何を知っていて何を知らないのか?をしっかりと把握できた上で、自分には知識が足りないと言うネガティブな事実をを心から受け入れられる状態のこと
ソクラテスが残した、唯一の真の英知とは、自分が無知であることを知ることにある、と言う言葉は紛れもない真実。バイアスの罠にハマらずに自己の限界を知る際、知的謙遜が必須なのです。
無知な人ほど自分が物知りだと思い込む
知的謙遜を鍛える3つのテクニック
①ティーチング
② if思考
③フレンドシンキング
ティーチングは、その名の通り自分の知識を他人に教えてみる手法です。
if思考とは自分のトラブルを他人事のように考える方法
フレンドシンキングとはできるだけ周囲に友達がいる状況で物事を判断すると言うもの

6. 商品の紹介