書評

トップ1%の超お金持ちになりたいなら 『お金の常識』にダマされるな!

1. 今日の一言と紹介する本

人生はお金が全てではありませんが、ほぼ全てのことにお金が関係してきます。

ただ問題は、それほど多くのことに関わってくるお金について、あまりちゃんと学ぶ機会が設けられていないと言うことです。

今日ご紹介する書籍はそんな「お金」についての基礎を学べる書籍になります。

トップ1%の超お金持ちになりたいなら 『お金の常識』にダマされるな!田口智隆

皆さんは「お金」についてどのようなイメージを持っていますか?
もしかしたら、その常識は勝手な思い込みであり、疑うべきものかもしれません。

今日はこの、『トップ1%の超お金持ちになりたいなら 『お金の常識』にダマされるな!』をご紹介していきます。

2. 本のサマリー

株式会社ファイナンシャルインディペンデンス代表取締役の田口先生。

28歳のときに自己破産寸前まで膨らんだ借金を徹底した節約と資産運用によりわずか2年で完済したと言う経験の持ち主。

現在では1000人以上のマネーカウンセリングを実施し、著書は2009年からの作家活動で80万部を超える実績をたたき出しています。

本書における大きなポイントは昔からの「お金持ち=成金」と、現在の「お金持ち」は違いがあるというところでしょう。

今の世の中のルールに合わせて、賢くお金と付き合うためにはどのようにしていけば良いのか、がとてもわかりやすく解説されている書籍だと思います。

3. ポイント3点

確かに今の私は、額に汗水垂らして働かなくても、お金が入ってきます。
でも、声を大にして言いたいのは、その仕組みを作る過程では、何年も汗水垂らしてきたんだよ、と言うことです。

安いからと言う理由で、勢いで購入してしまうと、かえって損をします。

かつては、正直者は馬鹿を見ると言われていました。
しかし、これからは正直者が得をする時代です。

4. 岡崎の考察

一昔前の大量消費大量生産の時代はもう終わりを告げ始めています。

バーゲンセールがあれば「安いから」と言う理由で何でも売れていましたが、これからの時代は変わっていくことでしょう。

人間は「意味」を食べる生き物です。

すでに世の中はものに溢れ何でもいいからとにかく買う、ブランドだから欲しいと言う状況は変わっていくんだと思います。

新しい時代を生き抜くために、誰かが作ったイメージではなく、自分の価値観によってお金を動かしていく必要があるでしょう。

あなたがもしいまだに「安いから」と言う理由でものを購入するんだとしたら、それは一昔前の価値観だと言わざるを得ません。

あなたが、これからの時代でお金に困らない生き方をしていきたいと思うなら、「安いから」ではなく「価値があるもの」にお金を使うように意識してみてください

では「価値があるもの」とは何でしょうか?

それは将来にわたってお金を生み出す可能性がある「資産」にお金を使うと言うことです。

特に田口先生がおっしゃる「資産」とは自分自身と人脈なのではないかと著書を読ませていただいて感じました。

金融資産を持つことも大事ですが、金融資産の価値は変わり続けます。

しかし自分自身の価値は世の中の変化があっても変わることがありません。

また人脈の価値もこれからも変わることなくあり続けることでしょう。

無駄遣いをなくし、自分自身に投資し、良好な人間関係と人脈形成をする。

その上で金融資産を蓄えていくというのが最も効果的なお金持ちになる方法だと感じました。

ただお金を持っている成金ではなく、新しい時代のお金持ち2.0を目指してみてはいかがでしょうか?

5. 気になるワード

見た目は質素でも生き方や働き方にこだわりを持って稼いでいるお金持ち達を、お金持ち2.0と名付けて対比しています。
お金は天下の回りものと言う古い常識を信じて、ただ闇雲にお金を使っていたのでは、お金は回ってこないのだ。
私はこれまで、3000人を超えるお金持ちと付き合ってきましたが、お金持ちの多くは、良い意味で常識外れの方が多いです。
世間の常識ではなく自分軸で生きています。
人気YouTuberで年収1億円稼いでいる人もいますから、お金持ちになる方法も、幸せになる方法も、無数にある時代なのです。
確かに今の私は、額に汗水垂らして働かなくても、お金が入ってきます。でも、声を大にして言いたいのは、その仕組みを作る過程では、何年も汗水垂らしてきたんだよ、と言うことです。
でも、一度投資が始まったら、後は勝手に、ちゃりんちゃりんと家賃収入が入ってきます。その結果だけを見て、額に汗水垂らして働いてないと考えるのは間違いです。プロセスを見たら、必ず汗水垂らしていることがお分かり頂けると思います。
そもそも、悪いことをしていそうなお金持ちの人達は、すでに時代遅れになりつつあるのです。その証拠に、不祥事や不可解な事件が起きているのではないでしょうか。
目まぐるしく時代が移り変わる現代において、回り道をしていたら、回っているうちに迷子になってしまう
とにかく始めて、後は実践しながら学んでいくのがお金持ちになる人の共通点です。
安いからと言う理由で、勢いで購入してしまうと、かえって損をします。
出る杭は好かれる
個人でお金を稼ぐには、自分の名前を公表し、主張をし、それに共感してもらってこそ、その対価が得られる
2つのことを全力でできない人は、大抵1つの事でも、いい加減なんです。
今は、昔と違って、将来の収入のシュミレーションができない時代になっている
お金を持っている人は、人生の選択肢が増える
私が周りのお金持ちを観察していると、うまくいっている人は、お金を自分のためだけに使ってはいません。必ず、広がりのある使い方をしています。
お金持ち1.0世代の人達は、目に見えるものに価値を置いていましたが、お金持ち2.0世代の人達は、知識や経験に価値を置いています。
残念ながら今は、真面目に働いているだけで何とかなる時代ではなくなってしまいました。
レスが早く、筆まめである、と言うのは、ビジネスで成功するには、必須条件なのです。
眠る暇もないほど忙しいと言う言い訳は、今日において仕事ができない人の証になってしまいました。
最近、私は、気になる人がいたら、自分からアプローチして、会いに行くことをしています。有名、無名にかかわらず、この人のことを、もっと知りたい!と思ったら、自分から連絡を取ってみること。
「世の中そんなに甘くない」と言う言葉は、私達の親世代が、自らレールから外れようとしている人間に対して、よく使う言葉です。
例えば、野球選手を目指している高校球児に対して使ったり、ミュージシャンになろうと路上ライブを繰り返している息子に対して使ったり。
つまり、チャレンジを辞めさせようとしているわけです。
かつては、正直者は馬鹿を見ると言われていました。
常に変体であれ!

6. 商品の紹介